【またかよ!】Amazonの第3世代 Echo dot ガマタヤスウリシテルヨー

アナグラのshinです。

2020年6月26日現在、Amazonで第3世代の「Echo dot」が「Amazon Music Unlimited」2カ月分とセットで2980円のキャンペーンを実施中です。

Amazonプライム会員なら「Amazon Music Unlimited」は月額780円(非会員は980円)なので、今回のキャンペーン価格から2カ月分差し引くと「Echo dot」が実質1420円との事です。

こういったキャンペーンやセールの値段じゃないと買う気が起きないものランキング3位がAmazonのスマートスピーカーじゃないかなと思ってます。

なぜなら、スマートスピーカーで出来る事のほとんどは、スマホさえあればスマートスピーカーが無くても済む事ばかりだからです。

スマホがあれば基本的には無くてもいい

スマホとEcho dotの画像です。

例えば実演販売で「この包丁、一生研がなくても斬鉄剣と同じ切れ味がずっと続くんですよ!」と宣伝していたら––

「え! あのどんなつまらないものでも豆腐の如く切ってしまう“あの斬鉄剣”ですか? 買います!」ってなりますよね。

包丁は持っていますが、研がなくていい、しかも切れ味抜群なら定期的に包丁を研ぐ面倒くささから解放されるので利便性が明確で、ついつい欲しくなると思います。

でも「このEcho dot。 スマホを取り出さなくても話しかけるだけで音楽が聴けるんですよ!」と、言われても–

「スマホで聴けるからいらないです」

「ちょっと待って下さい。 それだけじゃないんです! なんと天気も教えてくれますよ」

「いや、それもスマホで分かりますから…」

「まって! いかないで後生だからぁ、スケジュールも管理できるからぁ」

「それもスマホで間に合ってますから袖を引っ張らないで下さいよ」

「なんですか、スマホ スマホって… 私はこのかたガラケーしか使った事がないんですよ! P-01J最高!」

「そうですか、じゃあガラケーを使っている人に勧めてください」

「待ってください! じゃあ安くします。 それならいいでしょう?」

「安くするって言われても、要らない物を買うってのはなぁ……」

「お客さん、私の家にはお腹を空かせたハムスターが24匹もいるんですよ」

「え、なんの話ですか?」

「友人からオスのハムスターを2匹引き取ったつもりだったんですが、手違いでオスとメスだったんですよ。 だからあっという間にどんどん増えてしまって、今この瞬間も増えていると思います! ヒマワリの種代を稼がなきゃいけないんですよ! だから買って下さいお願いします!」

「そりゃ大変だと思いますけど、まずオスとメスをわけましょう?」

「家族を引き離すなんて私にはできませんよ! そんな事よりこのEcho dotを買って下さい。 話しかけるだけで、優しい女性の声で応じてくれて便利なんですよ?」

「え! 優しい女性の声で返事してくれるの?」

「え、ええ! 美人(なイメージ)の優しい声で返事してくれますよ」

「そ、それってもう2年前に別れた彼女が置いていったクマのぬいぐるみに話かけなくても返事をちゃんと返してくれる話相手が出来るって事ですよね!」

「えぇ…… 事情はよくわかりませんが、Echo dotなら多少の話相手にはなるかもしれませんよ。 なんならEcho dotをぬいぐるみに埋め込んじゃいましょう! ぬいぐるみと会話してる気分になるんじゃないですかねぇ?」

「買う! 買うよ! さっき安くしてくれるって言ってたよね? いくら?」

「(ちっ)5980円の所をAmazon Music Unlimited2カ月分と合わせて2980円でどうでしょうか?」

「Amazon Music Unlimitedってなんですか?」

「音楽聴き放題のサービスです」

「熊子が歌うってことじゃん!」

(熊子?!)

「じゃあこれ、3000円ね。 あ、おつりは要らないよ。 ヒマワリの種代にしてよ」

「あ、ありがとうございます。 今日はみんなに一粒ずつ多めに種あげちゃおっかな……(変な客だったな)」

「じゃあねー店員さん。 ハムスターによろしくー(変な店員さんだったな)」

くらいの出来事があって初めて買おうかなって思える。 それが『Echo dot』です。

Echo dotがある生活

第3世代のEcho dotです。

購入の経緯は人それぞれですが、半信半疑でも安さを理由に買って使ってみると地味に便利です。

場所を取らないので、作業机の隅に置いて使っているのですが「時間を知りたい時」「スケジュールを確認したい時」「天気を確認したい時」「音楽やラジオを聴きたい時」「タイマーやアラームを掛けたい時」言葉の意味などちょっとした調べものの時」などがよく話かけるタイミングです。

これらの事はスマホで済ませていた事ですが『Echo dot』の音声アシスタント“アレクサ”に慣れ始めると、スマホが手元にあっても、話かけるだけなのでアレクサを呼びだして色々と頼んでいます。

音楽を流すにしても、イヤホンやヘッドフォンを使わず、楽に音楽を聴き流したい時に『Echo dot』は小さいながらも、スマホのスピーカーから音を流すより遥かに音が良く、活躍の機会は多いです。

『Echo dot』を買う前は、機能のほとんどがスマホで出来る事なので必要性を感じていなかったのですが、購入して使い慣れた後は“スマホの負担をEcho dotに任せられる”といった認識に変わりました。

ただ、スマートスピーカーを使った事がない人にとっては、無ければ無いでなんの支障もない物ですから、興味があるなら定価で購入するよりはセールなど安い時に購入して試すのが狙い目だと思います。

自宅で何かしら作業中、手を止めずに話しかけるだけというのは人を横着にしてしまいますが、その程度には便利な物です。

横着者になってしまった僕にとっては、新しい『Echo dot』がでたら定価でも買うかもしれない程度に依存しています。

おわりに

Amazonのデバイスは定期的にセールで安くなるので買い時に迷います。 今買わなくてもセールで安くなるんじゃないかと思うと買い控えたくなるんですよね。

今回も『Echo dot』が実質1420円となり「やっぱりか、またか」という気持ちで記事を書いています。

僕が購入した時は『Echo dot』単体で3980円くらいだったと思います。 そして購入後、セールで単体2980円になったり、Amazonのサブスクとセットで999円になったりする度に、今が底値だと見誤った自分を責めています。

今回はMusic Unlimited2カ月分とセットで2980ですよ。

今が買い時だと思って購入した方へ。 きっとまた、もっと安くなるに違いないから心を強く持ってください。

999円まで値下げした事があるくらいですから、もしかしたら次に安くなる時はタダで貰ってくれたら1000円あげるとか言い出すかもしれませんね。

ここまで記事をお読み頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

プロフィール

アナグラ.blogの管理人 shin です。

日々の忙しさからアナグラ生活(インドア気味)を基本にしている自宅大好き人間です。

ガジェット情報が多めですが、ゲーム、VOD、本、食べ物など幅広く記事を書いていきたいです。

カテゴリー