ブログの背景色を目にもスマホのバッテリーにもやさしいダークモード仕様にしてみました。

腱鞘炎対策と予防に冷たくて気持ちいいリストレスト キングストンHyperX Wrist Rest

アナグラのshinです。

リストレスト探してません? 一度買ったら長く使うものなので結構迷ったり、買ったはいいけど中々しっくりこなくてリストレスト沼にはまったりしますよね。

腱鞘炎もちが選んだリストレスト

腱鞘炎対策と予防に冷たくて気持ちいいリストレスト。 キングストンHyperX Wrist Restの箱
今回はキングストンのリストレストの紹介になります。

突然ですが、僕は「タイピング時手首の角度が悪いと痛い病」別名「腱鞘炎」なのですが、それ故にキーボードの高さと手首の角度のバランスがとても重要で気を遣っているところであります。

腱鞘炎で手首いたいいたいの図

この角度と高さのバランスが合わないと、胸の前で手首を握りながら「静まれ…… 俺のリストペイン」的な中二病ぽいポーズを取ってしまい職場で同僚にニヤニヤしながら「拗らせてるの?」みたいなツッコミをされる始末。

なのでリストレストはそれぞれお使いのキーボードで厚さや幅の最適なものが必要になってくるので、一概には紹介しにくいものなのですが、キングストンのHyperX Wrist Restには、期せずしてよかった点がいくつかあったので、全国の中二病を拗らせている人に勘違いされて困っている人に、または腱鞘炎予防などでリストレストを探している人の参考になればいいなと思い紹介するに至った次第です。

腱鞘炎は一度患うとなかなか治りませんからねー

キングストンHyperX Wrist Rest

キングストンHyperX Wrist Restの外観。赤いステッチが印象的
赤いステッチが印象的ですね。

外観は黒い生地に赤いステッチで、いかにもゲーマー好きしそうな感じでカッコイイ。 生地感もサラサラしていて、つまむと結構伸びます。 発砲ビーズのクッションぽいあのどこまでも伸びそうで、どんな形にもなりそうなあの感じです。

手首を置いた時のクッション性は柔らかめの低反発クッションといった感じでタイピング時の指が底突きした衝撃を手首のクッション性で吸収してくれている感じはあり、指への負担が少ない使用感で、長時間のタイピング時はこのリストレストの有無で疲労感が段違いです。

実際、このリストレストを使用してからは、ほとんど俺のリストペインは大人しくしています。 さすがに長時間抑え込むのは無理みたいですが…… つまり腱鞘炎に効果があって僕は大満足です。(4~5時間くらいぶっ通しでもほとんど痛みが出ません)

キングストンHyperX Wrist Restの裏側は滑り止め対策がバッチリされています。
ひっくり返した時、なぜか子供のころ石の裏側に虫がびっしりいた驚きを思い出しました。
キングストンHyperX Wrist Rest本体の右橋にはHyperXのロゴがうっすら浮かびます。
すごいぞHyperX! さすがHyperX! 裏側の滑り止めで安定感は抜群です。

クールジェル低反発の効果

それと買ってから気づいた「期せずして良かった点」は、クールジェル低反発クッションなるものが使われている為、手首を乗せた時にヒンヤリとした触感が暑い時期には快適だった点です。

ヒンヤリ触感のせいか蒸れづらい気もします。 また、二か月ほど使用していますが汗蒸れによる汚れがまだ出ていません。 汚れが付きにくい生地なのかもしれませんね。(執筆時 真夏)

ヒンヤリした使い心地なので卓上扇風機などと併用するとヒンヤリ感がアップ
扇風機との併用でヒンヤリ感が持続します。

このリストレストに以前紹介した、threeupの卓上扇風機で風を当てると効果が高まって更に快適に作業できます。 リストペインは手首に熱をもつと発動する傾向があるので、常に冷やしながら作業できる事が、リストペイン(腱鞘炎)対策になっていると考えられます。

キングストンHyperX Wrist Restの寸法

メジャーではかってみます

寸法は─
JISマークの付いたメージャーで150㎝測り比べると1㎜誤差の出るモヤモヤするオシャレなメジャーで測りますね。

横幅約45㎝
縦幅約8.6㎝
厚さ約2.2㎝

リストレストは使用しているキーボードなどで最適な寸法は変わってしまうものですが、腱鞘炎対策の事を考えてHyperX Wrist Restに環境を合わせるのもありかなと思います。

実際、僕はキーボードとリストレストの高さが合わなかったのですが、手首に熱がこもりにくく腱鞘炎の痛みが出にくいメリットを優先してキーボードの下に100円均一で買ったタオルを敷いて高さを合わせて使用しています。

結果的に見た目は悪いですが、手首の角度は水平で負担が減り、タイピング時の消音にもなったうえに、リストレストの冷却効果で快適さは向上しました。

今では、ゲームプレイ時にもコントローラーを持った手首の置き場所としても活用しており、手放せないアイテムになっています。

暑い夏を少しでも快適に乗り切る為、または腱鞘炎対策、予防に「キングストンHyperX Wrist Rest」を選択の一候補として検討してみてはいかがでしょうか?

また、下記の【レバテックフリーランス】のサイトで役に立つリストレストの特集記事がありますので、是非ご参考にしてみて下さい。 いくつかのリストレストについて実際に使用したレビュー記事がピックアップされていますので、リストレスト選びの選択肢が広がるかもしれませんよ。

リストレストの使い心地を知れるレビュー記事特集

ここまで記事をお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。