【The TakeOver】ベルトスクロールアクションゲームで気分をリフレッシュ

2020年6月4日に Nintendo Switch にて配信された『The TakeOver』は往年の人気ジャンル、ベルトスクロールアクションが好きな人にはピッタリのゲームだと思います。

「ベアナックル」や「ファイナルファイト」っぽさがあり、ラスボスは車椅子に乗って登場するんじゃないかと期待してしまうほど、現れる敵キャラクターが「ファイナルファイト」を連想させます。

ちょうど「ファイナルファイト」をプレイしたくて、カプコンの「ベルトアクション コレクション
を買おうかどうか迷っていた所だったので、まがい物の“クソゲー”かもしれないという不安はありつつも、2000円という安さに負け『The TakeOver』を購入してしまいました。

結果的に、しばらくカプコンの「ベルトアクション コレクション」は買わなくてもいいな、と思えるほどファイナルファイトへの欲求は満たされました。(天地を喰らうⅡプレイしたいな)

The TakeOverのストーリー

任天堂 switchのゲーム「the takeOver」のタイトル画面です。
なんかこのタイトル画面ずっと見てると、どいつもこいつも悪者にみえてくる。

ゲームの舞台となる、アメリカ東海岸の大都市 スティール・ヘイヴンは犯罪の絶えない街だそうです。

その上、最近は裏道やスラムを中心に犯罪が激化し蔓延する中、統率も無く暴れ回るだけだったギャング連中が急に組織的に結集し始めた事が事態の更なる悪化に繋がります。

The TakeOverのオープニングの一コマです。
CGだとイケメンです。

そんな暴力と恐怖が支配する街で暮らす、主人公の一人。 警察官のイーサン・リバーズの娘 ヴァネッサが誘拐されます。 タイトル画面で馬乗り殴打の彼がイーサンです。

The TakeOverのオープニングの一コマです。
CGとの差が凄い

そして紅一点、イーサンの恋人で妖怪人間ベラに似ている、もしくは攻撃的なポカホンタス顔のメガン。 戦友と書いて“同じジムに通う友達”でしょうか? イーサン同様マッチョなコナー、の三人で救出に向かうのでした。

といったストーリーです。

The TakeOverのキャラクター操作

『The TakeOver』の基本操作は簡単です。(switch版)

ですが、単調すぎるほど簡単でもなく、あるていど極め甲斐がある奥深さや戦い方があり、繰り返しプレイする度に自分の上達を感じられる楽しさもあります。

基本中の基本操作

The TakeOverのチュートリアル画面の様子です。
チュートリアルやプラクティスモードなどもあり、しっかり操作を把握できます。

まずはプレイフィールに関係する基本的な操作を紹介します。

十字キー(左スティック)でキャラクターを上下左右斜めの8方向に動かします。 同じ方向に素早く2回入力すると、その方向へ素早く移動します。

そして、Aボタンがパンチ。 Xボタンがキック。 Bボタンがジャンプ。 Yボタンがライフを消費する必殺技(範囲攻撃)になります。

パンチとキックはどちらか一方を連続で入力すると、コンボ攻撃後、最終的にフィニッシュ攻撃で相手を吹き飛ばしますが、このゲームの特徴としてパンチとキックを織り交ぜながらコンボ攻撃を繰り出すせば、フィニッシュ攻撃で相手を吹き飛ばさずに永久に攻撃ができます。

ベルトスクロールアクションでのテクニックとして複数の敵を一か所にまとめて攻撃する方法がありますが、これを永久コンボでやると気分爽快です。

コンボ攻撃は十字キーをどの方向に入力したかでフィニッシュ攻撃が変化します。 十字キーの上を入力しながら攻撃すると、敵を浮かせる事ができて、空中コンボに繋げる事が出来るといった具合です。

敵に囲まれそうになったら、ライフを消費する範囲攻撃(Yボタン)以外に、一人の敵を掴んで投げ、他の敵を巻き込むような逃げ方も勿論できます。

SUPERゲージを使った超必殺技の様子です。
派手すぎて何がどうなってるのか… もうめちゃくちゃ!

また、「SUPERゲージ」を最大まで溜めると、A+Xボタンで画面上の敵全てに大ダメージを与える派手な超必殺技(これは技なのか?)が発動します。(これが最高にスカッとします)

無敵になれる

The TakeOverでRAGEを発動した様子です。
RAGEのロゴ自体がゲージになっていて、発動すると一定時間、攻撃力2倍で無敵になれます。

他にも無敵になれるRAGEゲージがあります。 これを最大まで溜めると、Lスティックを押し込む事で発動し、一定時間、相手のどんな攻撃もノーダメージで全てガードする無敵状態になれます。

更に攻撃力も2倍になるので、ボス戦など強敵をゴリ押すのに便利です。

銃が使える

The TakeOverで銃を撃っている様子です。
強力な銃を拾う事もあります。

攻撃手段はパンチやキックだけの肉弾戦だけではなく、各キャラクターは「ハンドガン」「ショットガン」「マグナム」といった重火器を装備していて、弾さえあればZRボタンで銃を構えてAボタンで撃つ事ができます。

銃での攻撃は遠距離から安全に大ダメージを与えられるので、接近するのが危険な敵と対する時や、こちらのライフが少ない時に重宝します。

The TakeOverのプレイフィール

ここまで紹介してきた様に『The TakeOver』は往年のベルトスクロールアクションとあまり変わりない操作感なのですが、現代風の遊びやすい小さな工夫がされているだけで“遊びやすくなったファイナルファイト”といった感じでした。

単純すぎず複雑すぎない、丁度良いバランスでキャラクターを気持ちよく操作できるので、1時間ほどプレイすれば操作に慣れてゲームに集中できます。

また、ステージの途中でボーナスステージを連想させるような粋な演出があったりと飽きずにクリアまで遊べました。

また、1ステージ 複数エリアの構成になっており、一度クリアすれば最初からプレイしなくても、クリアした所までなら途中からでも自由にエリア選択できる仕様なので、全クリアまで通してプレイする時間がなくても、少しずつ進めてエンディングまで行けるのは嬉しかったです。

おわりに

気分転換にサクッと短時間だけプレイできるゲームが欲しくて買ったのですが、ボタン連打で敵をタコ殴りにして憂さを晴らした後、リフレッシュした気持ちになれるので非常に満足しています。(闇)

今回『The TakeOver』をプレイした事が切っ掛けで、自分の中でベルトスクロールアクションが再評価されて、他のタイトルもプレイしてみたい気持ちになっています。

ベアナックル4が出てるらしいので、気になってしかたないですね。

ここまで記事をお読み頂き、ありがとうございました。

by カエレバ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

プロフィール

アナグラ.blogの管理人 shin です。

日々の忙しさからアナグラ生活(インドア気味)を基本にしている自宅大好き人間です。

ガジェット情報が多めですが、ゲーム、VOD、本、食べ物など幅広く記事を書いていきたいです。

カテゴリー